SSL 表示の覚書:ロリポップ

SSLが適用されるまでは本当に色々あったのでした。

SSLのページでレイアウトが崩れていたのは、データベースを増やしたことで解決した様子。

それに纏わる解決法を調べることで、wp-configとか、functionsとか触ってしまったので
原因が枝分かれしてしまっていた・・。

 
 



 
 

バックアップを取ることが殆どなく、更に面倒が増えると思ってしまう。
その対案として、たまたま複数サイトを同時に触っていたので、
同じテンプレを使っているサブサイトの同じwp-configなどのファイル同士で、
コピー&ペーストしてデータベースの名前やらも最初からやり直したら、
途中で表示されたりもした。(その他の原因でもあるけど)

自分の場合、以下の事が分かっていなかった。

word pressアドレス(サイトのURL): 実際のFTPで入っているフォルダのアドレス

サイトアドレス(URL): 独自ドメインの場合、そのURL。SSLで表示したい場合はここで付けておく。

ダッシュボード(管理画面): サイトアドレスの方(https://〜)で後ろにadminをつける。

上記の事がはっきりと分かったので、そこが重要な気がします。表示されないとか、なくなったので。

以下、SSL化の方法。

WordPresで作成したサイトを独自SSL化するには?
独自SSL証明書の取得後にWordPressダッシュボードにてURLを変更します。

■変更手順
(1) WordPressダッシュボードにログインします。 
(2)左側のメニューより『設定』>『一般設定』を選択します。
(3)「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」を「https://」から始まるURLに修正します。
(4)『変更を保存』をクリックして完了です。

WordPresで作成したサイトを独自SSL化するには? / 独自SSLについて / よくある質問 / サポート – レンタルサーバーならロリポップ!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

何か少しでも参考になれば幸いです。

良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。

よろしくお願い致します。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です